まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

習い事の見直しと、新年度の目標

f:id:pandamama-ikuji:20190327100502j:plain

 

  

昨日は長男の小学校の修了式でした。 

  

4月から長男は新4年生です。

ここで、小学校高学年に向けて「習い事の見直し」をしました。

 

 

かねてから、習い事は3年生まで好きなものをやらせて、4年生から整理する考えでいました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

 

習い事は小3で見直す

 

予定通り、4年生になる長男の習い事の整理をしました。

 

まず、3年生までの状態。

  • サッカー(週2日練習、土日に試合あり)
  • ピアノ(週1日、練習毎日30分)
  • 英語(オンラインレッスン週1日25分)
  • 塾(週1日、月1でテスト、2ヶ月に1回模試)

 

どれも長男がやりたいと言って始めた習い事です。

 

予定外だった塾は、中受しないからと習い事を整理せずに2月から新学年に進んでしまいました。

 

塾はどこかのタイミングで辞める予定でいたので、習い事はそのまま続けたのですが、これは考えが甘かったですね。

 

2月からは塾が週2日に増え、平日の夕方は長男の習い事に振り回されることになりました。

 

しかも、土日はサッカーの試合か塾のテストでほぼ埋まっている状態。

 

さすがに長男自身も2月は疲れていました。

親も子もヘトヘトです。

 

 

3月は何とかしようと、サッカーを週1に減らしました。

 

 

そして、そんな状態からの新年度。4月からの予定が下記です。

  • サッカー(週1日で継続)
  • ピアノ(継続)
  • 英語(継続)
  • 塾(4年生前期までで退塾予定)

 

やはり中学受験をしない立場での塾通いは不要、という事になりました。

塾をやめたらサッカーを週2に戻す予定でいます。

 

 

長男を塾に通わせてみて

 

ところで、予定外に塾に通わせたことで私にも良かった点があります。

 

それは塾への見方が随分変わったことです。

 

長男としては、塾の授業は面白いらしく、宿題とテストがないなら通いたいらしいです。

これは同じ塾に通っている長男友人も、「塾は面白い」と言っているのでそうなのでしょう。塾は子供にとって大変で、嫌々行く所、と勝手に想像していたので驚きです(田舎者なので小学生で塾に行く感覚がわからなかったのです(汗))

 

 

塾を辞めるかどうするかで、長男に中受をしたいかを確認してみました。

もちろん本人が中受をしたいなら、親として全力でサポートすることも伝えました。

 

「遊びたいし、他にもやりたいこと(サッカーとピアノと英語)があるから中受はいい」とのこと。

 

今のテキスト(4年生前期)までは塾に行きたいと言うので、親としてもせっかくの教材ですから、前期は塾に通うことにしました。

 

長男にとって、とても合っている塾なのかもしれません。 

 

通わせてあげたいところですが、宿題に追われるのが目に見えています。

中受しないのに受験塾に通っていても負担が大きいだけですから、4年生前期で塾は辞めることになりました。

 

退塾後も、なるべく学習ペースは維持できるように意識していきたいです。

 

 

このまま小学校卒業まで、習い事は固定で継続かなと思います。 

次は中学入学のタイミングでまた見直しです。

 

 

4年生で英検2級に挑戦

 

そして、新年度に向けての目標として「英検2級に挑戦して合格したい」そうです。

 

習い事の見直しをしている時に長男が言いだしました。

英語の目標どうしようか、というと長男から出てきたのが「4年生で英検2級」でした。

 

英検2級となると、今の長男にはかなり厳しいレベルです。

 

だいたい、習い事に追われて英語の時間が全く取れません。

毎日の音読10分と、週1回のオンラインレッスンのみ。

 

このままでは、ボキャブラリーが全然足りません。

 

とりあえず、塾を辞めるまでは無理せず現状維持かなあ。

 

 

英語は夏休みから対策開始になりそうです。

それまでに、英検2級のレベルに合わせた英語の学習方法を考えないといけませんね。

 

 

塾の新年度が始まった2月から、バタバタと忙しく3月まで過ごしてきましたが、4月からは今後の見通しもついたことで落ち着いた生活が送れそうです(願望)