まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

次男(小1)ディクテーションに挑戦する

f:id:pandamama-ikuji:20191202094551j:plain


 

先日やってみた長男のディクテーション。

 

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

ディクテーションを開始して何度目かの時に、何でもやりたがりの次男が「僕もやりたい!!」とうるさいので、長男と競争させることにしました。

 

ただ、次男はアルファベットが書ける程度で、英文をほとんど書いたことがありません。書くにしても時間が掛かってディクテーションどころでは無くなりそうです。

 

そこで、次男が聞き取った英文をしっかり私に耳打ちして、その英文を私が書き起こすというディクテーション共同作業をすることにしました。

 

何とも適当です。

 

 

次男のディクテーション

 

ディクテーションは「自分が聞き取れるレベルの英文」で行うのがベストらしいので、とりあえず次男のレベルに合わせることにしました。

とは言っても、どのくらいのレベルが次男に合っているのかわかりません。

 

とりあえず英検4級からやってみるか、と過去問のリスニングでチャレンジです。

 

始めてみると、結構聞けています。

ほとんど一発で正しく英文を繰り返す次男です。

 

レベル上げてみる? と、英検3級のリスニングに挑戦してみました。

 

おお、これも結構聞けているじゃない! 

「凄い!」とおだてると、気を良くしてノリノリで英文を繰り返す次男。

耳打ちどころか長男に丸聞こえ状態…。

 

競争はどうなった?

 

 

長男の競争心を煽る

 

一方の長男、

冠詞が抜けたり動詞が抜けたりして「もう1回流して!」と繰り返して確認しながら書き取る場面もありました。

 

そりゃあ、聞いた文を書かなくてはいけないのと、ただ音声を聞いてリピートするだけでは難易度も違いますからね。

 

それでも、「僕はもうわかったけど〜ププ」な態度の次男に、「くそ〜!!」と対抗心を燃やしています。

 

そんな長男を見ていると、時には競争心を煽るのも良いものだと思います。

本人のモチベアップにも効果的だと感じますし、刺激にもなりますから、競争させるって大事です。

 

悔しい! と思うタイプの子ほど、競争心を煽る作戦で能力を伸ばしていけそうです。

 

 

次男の英検受験を考える

 

しかし、こういったリスニングテストを初めてやってみて、次男にはまだ英検は早いかな〜と思いました。

 

リスニングの選択肢にある、明らかにおかしい文で

「〇〇だって〜これ変だね〜ギャハハ」

と笑ってふざけてしまうからです。

 

どうやら会話の受け応え文だと、余計に本人のツボに入るようです。

 

ディクテーションの最中も、いちいち時間が掛かって大変でした。さらには長男も一緒に騒ぐ始末。

 

注意して落ち着いても、やはりおかしい選択肢で次男はププッと笑ってしまいます。

 

もし今、次男が英検を受験したら、試験中にもププッと笑ってしまいそうです。

これでは受験はできないですね〜…。 

 

 

次男に英検を受験させるにしても、ライティングをしっかり書けるようになってからと考えています。

 

そうすると、やはり長男と同じ小2ぐらいで英検3級からが目安になりそうです。

受験させるなら、しっかり合格ラインを超えてからが良いですしね。

小学校低学年のうちは、出来るだけ成功体験を積ませてあげたいので、合格が危ういレベルでの受験は避けたいのです。

 

それまでに次男には、テストに慣れさせることも必要そうです。

 

 

お互いの競争心を刺激し合いながら、モチベキープできるのが理想ですけどね^^;