まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

長男(小4)英検2級2次試験対策 〜面接対策本と『スタディギア for EIKEN』の感想

f:id:pandamama-ikuji:20200218095312j:plain

 

 

長男の英検の二次試験に向けて、いろいろと対策を始めています。

 

オンライン英会話のレッスンでも、英検の模擬面接をお願いするようにしました。

 

 

対策本も購入しました。

 

「英検2級 面接・攻略ポイント20」

アスク出版編集部 (著)

単行本(ソフトカバー) – 2018/6/28

模擬テストが8回分収録されています。

 

この本を選んだのは、20の「攻略ポイント」 が乗っている点と、

解答例が「パーフェクトな答え」「これはアウト!」「ギリギリセーフ?」「なかなかの答え」など、解説付きでわかりやすく紹介されている点が気に入ったからです。

 

試験を受ける際に、どんな答えを言えばいいのかイメージしやすいのは良いと思いました。

 

 

そして、一次試験の対策にと買った問題集。

 

「7日間完成 英検2級 予想問題ドリル」

難易度が高めで小学生の長男向きではなかったので、結局使いませんでした。

しかし、この本には二次試験の面接の対策までしっかり載っています。「英検2級 面接・攻略ポイント20」と比べるとやや難しい印象ですが、これは活用しておこうと思います。

 

 

 

英検公式の英語学習『スタディギア for EIKEN』

 

そして、今回はじめて取り組んでみたのがこちら。

www.ei-navi.jp

 

 英検公式の英語学習サービス『スタディギア』です。

 

これ、存在は知っていました。

英検の申し込みはいつもネットでしているので、「英検ナビ」の会員になっていますから案内メールが届いていました。

 

しかし、今までなんとなくスルーしていました。

 

なぜかと言えば、アプリやPCでの学習に消極的だったからという点があります。

小学生低学年には、紙のワークブックの方が良いかなと考えていました。

 

一番の理由は、長男に必要な学習は、受験する級に関係なく文法の基本的なところだったり、とんでもないスペルミスを直すところだったので、英検の対策は過去問しか頭が回らなかったから、という点が大きいです(汗)

 

 

2級の一次試験の対策も、過去問3回分がやっとでしたし、単語と文法、スペルミスをいかに効率良く学習するかに頭を悩ませました。

 

そんな考えの中で、なぜ『スタディギア』に興味が湧いて取り組んでみたかといえば、こちらの紹介記事がきっかけです。

 

jukupapa.hatenablog.com

いつも為になる情報を、英語に限らず紹介して下さっている「塾パパ」さんのブログです。

とても分かりやすく『スタディギア』についてまとめられています!

サービス内容の充実ぶりに心惹かれ、早速アプリを入れてしまうくらい分かりやすい記事でした。ありがとうございます。

 

 

『スタディギア』を使ってみる

 

f:id:pandamama-ikuji:20200218082606j:plain

 

学習時間や受験日を設定できます。

 

学習時間は小学生なので30分にしておきました。あまりスマホの画面を見て欲しくありませんから…。

 

受験日は、残念ながら次回からの受験日しか選べませんでした。なので「未定」で登録です。

はじめたのが一次試験のあとなので、これは仕方ありません。設定すればその日までに学習することを知らせてくれます。

受験日未定で登録しても、ムラなく学習できるようにお知らせはしてくれます。

 

 

単語、文法、リスニングなどの学習カテゴリーごとに時間の目安が書かれています。

3分〜10分程度なので、隙間時間の学習に使えます。これは手軽で良いですね。

 

 

そして、英検の申し込みをすると「ベーシック」プランが無料で利用できます。

 

f:id:pandamama-ikuji:20200218082622j:plain

 

二次の面接対策はベーシックプランから利用可能です。

3回分の模擬面接がPCで受けられます。

 

f:id:pandamama-ikuji:20200218084941j:plain

「ライティング」と「面接」はPCでのみ対応になっています。

 

 

『スタディギア』を使ってみた感想

 

英検公式のサービスだけあって、英検の勉強にはとても良いと思います。

 

「ライトプラン」を日々の学習に取り入れて、英検受験の申し込みをしたら「ベーシックプラン」に以降すれば、このサービスだけで対策本も単語帳もいらないかもと思いました。

 

 

ただしライティングはPCなので、長男には不向きです。

キーボードで英文を楽に打てるようにならないと、『スタディギア』のライティング対策は使いにくいと感じました。

 

 

そして長男の食い付きがよかったのは、やっぱりコレです。 

f:id:pandamama-ikuji:20200218091157j:image

「アチーブメント」

 

NHKの語学アプリもそうですが、本当にこういうトロフィーとか大好きです。

 

アチーブメントを見つけると、「全部取りたい!」と騒いでいました。

 

ぜひとも全部取ってくれ!

少なくとも「単語王」と「文法王」のアチーブメントはもらって欲しいと思います。

 

こういう目で見える形で達成度がわかると、やる気に繋がるものですね。内心しめしめと思いつつ、長男には「やりすぎないでね〜」と言っておきました(苦笑)

2級の一次試験は終わりましたが、単熟語の学習は続けてやっていきたいので、このアプリを十分活用できそうです。

 

 

小学生が使ってみてどうだったか

 

小4の長男は、ライティング以外は問題なく利用できます。

 

小1の次男は選択問題ならできるかな〜、というところです。

その選択問題も読めない漢字があったらアウトですね。私が隣で付きっきりになると思うので、サービスを利用するのはまだ無理そうです。

 

小3ぐらいからなら問題なく使えるかな、という印象でした。

ブラインドタッチで英文が打てれば、ライティングもいけます。

 

来年度、小2になる次男が英検を受けることがあれば、全部のサービスは無理でも、取りあえず利用できるところは活用したいと思いました。

 

 

ところで、長男はこのアプリを入れて「アチーブメント」を見つけた途端、「単語」と「リスニング」ばかりやっています。どうやらその2つが「アチーブメント」を貰いやすい単元だと踏んだようです。

「リスニング」はいいから「面接」の練習を頑張って欲しいです。。。