まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

ネタバレを気にしない人 〜記憶タイプの違いによる記憶術

f:id:pandamama-ikuji:20200407210735j:plain

 

 

ネタバレ、されても平気ですか?

 

私は「できたら聞きたくない派」です。

 

「できたら」というのは、私の周りには

ネタバレを平気でしてしまう人が結構いるからです。

 

うっかりというより、何の悪気もなく当たり前のようにネタバレする人。

そんな人が周りに多かったりします。

 

おかげでネタバレ耐性がつき、ネタバレされても動じなくなりました。

 

 

私の周りだけを見た印象では、

ネタバレを気にしないのは女性に多い気がします。

 

男性は嫌がる人が多いです。

我が家の男性陣も、もれなくネタバレを嫌がります。

あくまでも私の周りでの統計という事で。

 

 

そして、

ネタバレを気にしない人の中には、

ネタバレを聞いてからじゃないと本を読めない、映画が観れない、というタイプの人もいます。

 

恋愛ものだと最後結ばれるかどうか、

推理ものの犯人が先に知りたい、

サスペンスもので実は〜だったが知りたい、

ハッピーエンドかどうかだけでも知りたい、

などなど、

 

ネタバレを聞いておくと、安心して物語が楽しめるそうです。

 

私にはなかなか理解しがたいことですが、

ネタバレを気にしないどころか、むしろ歓迎の人がいるのだと知った時は結構驚きでした。

 

 

ネタバレを気にするかどうかは、記憶タイプの違いらしい

 

なぜネタバレの話しになったのかというと、

『鬼滅の刃』が原因です。

YouTube を見ていた子供達がうっかりネタバレ動画を見てしまったらしく、どっちのせいかを騒いでいました。

2人ともネタバレを知りたくなかったのです。

 

このネタバレを嫌う我が家の兄弟は、

どうやら「エピソード記憶」タイプらしいです。

 

エピソード記憶型の場合、物語の感動を重視する傾向があるそうで、

ネタバレを嫌うのだとか。

 

一方、

ネタバレを気にしない人は「意味記憶」タイプらしいです。

 

意味記憶型の場合、登場人物の感情やストーリー展開を客観視してみる傾向があるそうで、ネタバレされても作品を楽しめるのだとか。

 

 

この「エピソード記憶」と「意味記憶」は、

記憶の仕方の違いで、どちらの傾向が強いかでタイプが別れるようですね。

 

 

「エピソード記憶」と「意味記憶」を使った記憶術

 

英単語を覚える場合でいうと、

 

「エピソード記憶」は体験して覚えるので、

とにかく使って覚えるのが良いようです。

人に話したり、問題を出してもらったり、会話で使ったりですね。

行動に関連付けて覚えます。

 

「意味記憶」は丸暗記です。

英単語だと日本語の意味と結びつけて暗記するような覚え方が、意味記憶のようです。

 

ちなみに、「意味記憶」は10歳をピークに衰えていくと言われています。

小さい子供が何でも暗記できるのは「意味記憶」が得意だからなのですね。

大人になるにつれて意味記憶は弱くなるので、暗記するのが苦手になるのです。物忘れなども意味記憶が弱まってくる事と関係しているらしいですよ。

 

英単語などを覚える場合も、大人になったらエピソード記憶を使った方法が良さそうです。

さらに、失敗を繰り返すと記憶がより定着していくのだとか。

何事も、どんどん間違うことで覚えることに繋がっていくという事ですね。

 

 

家族で記憶タイプが違うと大変?

 

とりあえず、ネタバレを気にするかどうかは、

どちらの記憶能力のタイプか、ということが大きく作用しているようです。

 

我が家は全員「エピソード記憶」タイプのようで、ちょっと安心しました。

 

もし「意味記憶」タイプが家族にいたら、

ネタバレ平気派とネタバレ嫌い派の喧嘩が絶えないかもしれない…

などと考えてしまいました。

 

家族同士は記憶タイプが同じ方が、

平和な気がしますね^^; 

 

 

bsd.neuroinf.jp

kotobank.jp