まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

次男(小3)『怪人二十面相』にハマる ~『Edogawa Rampo in English』再び

f:id:pandamama-ikuji:20210930094958j:image

 

 

いつも漫画ばかり読んでいる次男。

 

つい先日、

この本面白いね~

と言いながら、何を読んでいるのかと思ったら、

江戸川乱歩の『怪人二十面相』!

を読んでいました。

 

「怪人二十面相」 

江戸川 乱歩 (著), 藤田 新策 (イラスト)

単行本 – 2005/2/1

 

まさか『怪人二十面相』を読んでいるとは思わず、

怪人二十面相⁉ どうしたの?

と驚いた私。

本棚に置いてあったから。表紙がカッコいいから読んでみようと思って

ですって。

へ~!!

長男が『ハリポタ』を読むきっかけもそうでしたし、本棚の目につくところに置いておくってやっぱり大事ですね!

 

 

読んで欲しい本は本棚におく!

 

読書好きではない我が家の子供たち。

 

普段は『漫画』か『空想科学読本』しか読みません。

それでも暇な時間は「本を読む」という選択肢があるだけ幸いと思うようにしています。

 

少しでも子供に本を読んで欲しいと思っている私は、陰ながらの努力をひたすらしています。

それは、

子供が興味を持ちそうな本

私が読んで欲しいと思う本

を図書館で借りてきて、本棚に並べておくことです。

 

隔週で5冊~10冊ほど借りてきて、まずはテーブルの上に並べて置いておきます。

子供たちが興味を持てば手にとって読み始める本もありますが、空振りで終わることも多々…。

 

それでも借りられる期限まで本棚に並べておくと、途中で手に取ることがあったり、そのまま夢中になって貸出延長することもあったりするわけです。

 

私がどうしても読んで欲しくて借りた本は声をかけて薦めることがありますが、基本は置いておくだけ。

口うるさく「読みなさい!」なんて言ったら、せっかくの読書の楽しみが台無しですから、ただただ面白そうな本を探して置いておく。

撒き餌に食いつく魚を待っているような心境です。

 

すごーく読んで欲しい本は時間を空けて再度借りてきたり、そんな地道な努力で少しでも子供たちの読書量を増やしたいと考えています。

 

普段そんなことをしているわけですが、長男の『ハリポタ』や次男の『怪人二十面相』を読みだした経緯から、やはり

読んで欲しい本は本棚の見えるところに常備!!

が最強だと改めて思ったのでした。

しかし、そんなに沢山の本を買えないしなぁ…( ̄▽ ̄;)

 

 

『Edogawa Rampo in English』再び!

 

次男が『怪人二十面相』を読んでいると知って、これは!と本棚から引っ張り出したのは言うまでもなく『Edogawa Rampo in English』です。

「Edogawa Rampo in English」

江戸川乱歩の傑作を高校初級レベルの英語で味わう

NHKラジオ『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』の「英語で味わう江戸川乱歩」(2017年度放送)より、「怪人二十面相」「夜光人間」を収載。本格ミステリーを楽しみながら、分詞構文や過去完了など、高校初級レベルの英語を多読・多聴できる一冊。CD2枚付きで、音声はダウンロードでも提供。

 

長男と聴いて、大のお気に入りとなった『エンジョイ〜』版「江戸川乱歩」。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

ついに次男と楽しむ時がきたか〜!!

と、次男が『怪人二十面相』を読み終えたタイミングで一緒に聴いてみました。

久しぶりの『Edogawa Rampo in English』に、小躍りでページをめくります。

長男も聴きたいというので、3人で英語版「江戸川乱歩」に耳を傾けました。

 

やっぱり良い〜♪

 

音楽と効果音でドラマティックにシーンを盛り上げてくれるのが堪りません!

1話5分でテンポよく進む物語に、すっかり夢中になってしまいました。

 

f:id:pandamama-ikuji:20210930142455j:image

平井利和氏のイラストが独特な雰囲気を添えています。

 

 

次男も気に入ったようです♪

 

次男もとても面白かったそうで、

もっと聴きた〜い!

と盛り上がりましたヾ(o´∀`o)ノ♪

 

毎朝1話ずつ聴いていくはずが、最初の日は6話まで一気に聴いてしまいました。

翌日から改めて1日1話ずつシャドーイングやディクテーションをしていくことにして、まずは物語を楽しむところから。

これからしばらくは、また『Edogawa Rampo in English』の世界観を満喫する日が続く予定です。

 

 

NHKの『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』は、CEFRのA2〜B1レベル (英検でいうと3級〜2級の間ぐらい) です。

ちょうど今の次男にピッタリのレベルなのです。

それならと、取り敢えず今月号のテキストも買ってみました。 

なんと、今年度から講座初の科学もの「マリーのハテナ日記」が登場したようです。

10歳のマリーが日常生活の中でふと思った科学についての疑問に対して、大人たちがいかにシンプル・イングリッシュで納得できる回答ができるか。

なんとも面白そうな、子供心をくすぐる内容に興味津々です!

下半期が始まるタイミングですし、次男が興味を持ってくれると良いなぁ。

 

 

『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』は英語の多読と多聴に最適な教材だと思いますが、その中でも『Edogawa Rampo in English』は本当に面白くてオススメです。

子供の頃に江戸川乱歩を読んでワクワクした気持ちが甦ります。

怪人二十面相の高笑いはやっぱり良いな〜などと思いながら、『Edogawa Rampo in English』で朝から気分を上げて1日を過ごせそうです。

 

www.pandamama-eigoikuji.xyz

www2.nhk.or.jp