まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

長男 (小5) 英検準1級に向けて 〜『速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4』をはじめました

f:id:pandamama-ikuji:20201101184602j:image

 

 

前回、英検の過去問を長文だけ読んでみてから、早2ヶ月!!

 

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

長男は5年生のうちに準1級に挑戦すると言っていたのですが、特に対策をするわけでもなく、月日だけが流れてしまいました。。。

 

次回の英検は1月です。

申し込みが11月2日から開始します。

 

10月下旬、

「英検どうする?」

と長男に意思確認をしてみたところ、

「あ〜、どうしよう…、受けてみようかなぁ…」

と、なんとも煮え切らない返事…。

 

( ̄◇ ̄;)自信の無さが表れているな〜、

と思わずにいられません。

 

受けたい気持ちはある、

準1級は自分の今のレベルでは太刀打ちできない、

頑張るのも大変そう、

勉強より遊びたい、

 

といった、いろんな気持ちが入り混じっている「どうしよう…」だったようです。

要はめんどくさいだけか(-"-;) !?

 

1月の受験まで約3ヶ月。

 

「やるなら今でしょ!」

とけしかけたところ、

「やるだけやってみる〜 ( ̄▽ ̄)!」

と言うので、いよいよ英検準1級に向けて対策を開始です!

 

 

とはいえ、私には手に負えない英語レベルなので^^;

長男のために参考書探しを頑張りました!

 

 

「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」で英検対策!

 

小学生で準1級を目指す場合、大変なのは「語彙」です。

 

小5だと意味が分かる単語が増えるので、語彙はまだ何とかなりそう?と思いましたが、とんでもないですね…( ̄◇ ̄;)

語彙の強化は切実な問題です!!

 

「Success With Reading Tests, Grade 5」 

Scholastic Inc. (著)

ペーパーバック – 2010/3/1

 

Boss先生(id:yurute)おすすめの準1級レベルのワークブック!

アメリカの小学5年生用ワークです。こちらにも準1級の単語が数多く出てきます。

 

ただ、小学生向けの『Success With Reading Tests』に比べて、準1級のリーディング問題の方が内容の難易度が高いです。

この辺が子供向けと大人向けの違いですねぇ。

 

結局、あれこれ悩んだ結果、

『速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4』をやってみることにしました。

松本 茂 (著, 監修), Robert L. Gaynor (著), Gail K. Oura (著), 藤咲 多恵子 (著)

単行本 – 2011/3/10

『速読速聴・英単語 Core1900』シリーズの中でも、スラッシュを採用した分かり易さがウリのver.4です。

 

出たばかりの頃に評判を聞いて購入したものの、私には難し過ぎて挫折した本です。

まさか自分の子供に役立つ日が来るとは、思いもしませんでした。

書き込みもなくキレイな状態なのは、今となれば良かったのでしょう…

( ̄▽ ̄;)

 

こちらが最新バージョンです。

 速読速聴・英単語 Core1900 ver.5

松本茂 (著, 監修), Robert Gaynor (著), Gail Oura (著)

単行本(ソフトカバー) – 2018/3/14

 

長男の英検対策にと思い、せっかくなので最新バージョンも入手しました!

しかし中身を比べてみて、取り敢えずはver.4の方をやってみる事になりました。

 

ver.4とver.5の違い

 

大きな違いはスラッシュの有無です。

 

ver.4の特徴だったスラッシュが、最新のver.5では無くなっているではないですか!!

 

以前のバージョンをスラッシュが良いとの評判を聞いて購入しただけに、まさかスラッシュが不採用になったとは!と驚きました。

スラッシュが無いと言う事で、読み下し訳も無しになっています。

 

f:id:pandamama-ikuji:20201101184632j:image

ver.4では、通常訳の他にスラッシュに対応した読み下し訳があったのです。 

 

var.5の改訂ポイントには、

スラッシュと読み下し訳をなくし、大きく英文のかたまりをとらえながら読み、また自然な通常訳の中で見出し語の意味を確認できるように変更

とあります。

 

なるほど。

スラッシュが無い方が英文全体をイメージしながら読み進めることが出来て、その方がスムーズに学習が進むという事なのでしょうか。

 

長男が両方を試し読みしたところ、

「スラッシュがあった方が分かり易い。読み下し文もあった方が分かり易い。バージョン4の方が読み易いし、こっちが良い」

と言うので、まずはver.4の方をやっていく事にしました。

 

私が見ると、どちらも難しそうな文章なのですが、それでも最新版の方がより難しそうな感じがします。

 

本人が選んだ方で取り組むのが一番良いと思うので、本人の決定に任せたました。

どうやら長男には文章自体が難しいので、スラッシュがあった方がその区切りのかたまりで文の意味がとれるので、読み易いみたいです。

 

取り組んでみて、やはりスラッシュに助けられている部分が大きいようです。

この段階を経てのver.5にも思えてきます。

難易度は素人目で見て、ver.4 < ver.5 だと思います。

ver.4をこなしたらver.5に移行してもいいかもしれません。

 

また取り組みを続けてみて、気が付いた事や分かった事があればレビューしたいと思います。

※あくまでも小学生が使ってみての感想になりますが^^;

 

 

という訳で、数日前から英検に向けての対策を開始いたしました!

 

 

実際に『速読〜』に取り組んでみて、単語を覚えていくために試行錯誤している様子などなど、まったりご紹介させていただければと思います〜。

( ̄▽ ̄*)