まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

我が家のハロウィンは簡単手作り「ピニャータ」で盛り上がる

f:id:pandamama-ikuji:20181020063346j:plain

 

こんにちは、ぱんだママです。

 

もうすぐハロウィンですね。

10月中旬あたりから、週末になるとハロウィンの仮装をした子供たちを見かけるようになります。

 

そして、毎年必ず子供に「ハロウィンやりたい!」と言われます。

  

ハロウィンやりたい、と言われても何をしたらいいのか、やったことがない私にはさっぱりわかりません。

 

ハロウィンって何やるの?

 

死神のかっこうしてお菓子いっぱいもらって食べる

 

(汗

 

これは海外のお祭りなんだよ、と濁してみましたが子供たちは納得できない様子。

近所のスーパーに行っても、ハロウィンで盛り上げていますからね。

絵本やDVDでハロウィンの知識はあるわけですから、やりたくなるのも無理はないかも?

 

2年前、長男が友達を誘って「ハロウィンパーティーをやる!」と言い出したのをきっかけに、我が家ではハロウィンが恒例行事になりつつあります。

 

 

ハロウィンはピニャータがあれば盛り上がる

 

ハロウィンパーティーといっても、大したことは何もしていません。

 

ただ、 盛り上がる出し物として「ピニャータ」を作ります。

 

ピニャータ(piñata)は、メキシコや他の中・南米の国の子供のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと。(ウィキペディアより)

f:id:pandamama-ikuji:20181020063631j:plain

 こんな感じで子供たちが順番に棒で叩き割って、中に入っているお菓子を拾い集めます。

叩き割らずに紐で引っ張るタイプもあります。 子供が小さいうちは紐タイプの方がおすすめです。

 

2年前にはじめてピニャータ作りを提案した時も、子供たちが見ていた英語のTV番組に度々登場していたこともあり、「やりたい!!」と大興奮でした。

 

 

ピニャータを作る

 

ピニャータの作り方を調べると、風船に新聞紙を貼り付けて作る方法(丸い形はこの方法)とダンボールで作る方法(箱型)があります。

 

はじめて私が作った時は、手頃な大きさのダンボール箱に、割れやすくするための切り込みをたくさん入れて、コピー用紙に絵を描いたものを貼り付けました。

これはとってもお手軽に作れるのでおすすめです! ひらひらのフリンジを付けたら見栄えも良くなります。

 

はじめてのピニャータ作りで失敗したこと

お手軽に作った私の初ピニャータですが、見事に失敗でした(汗。

   

実際に子供たちが叩いて割ろうとすると、全然割れませんでした!

結局紐でぶら下げているところがちぎれる形でのフニッシュに…。

 

子供たち全員が叩けるようにと、割れやすくするために入れる切り込みを甘くしたのが敗因です。

  

ダンボールの切り込みは思ったよりも、深くいっぱい入れた方が良いです。

 ダンボールって、思ったほど簡単には破れません。

 

それでも子供たちは喜んでくれたので、まあ良かったです。

 

ダンボールピニャータの作り方

一度作ってみると手軽に作れることがわかり、しかも子供たちは大盛り上がり!

子供たちもすっかり気に入って次の年も「またやりたい!」というので、我が家ではピニャータ作りが恒例化しています。ただし最初の失敗を生かして、ちゃんと割れやすさを考えて作っています。

 

今年も先週末にハロウィンパーティーをしました。

子供たちとピニャータ作りをしたので、我が家のお手軽ピニャータの作り方をご紹介したいと思います。

 

用意するもの

  •  作りたい大きさが賄える量のダンボール
  • グルーガンとグルースティック(百均で購入、グルーガンは200円でした)
  • 飾り
  • 絵の具(今回は色を塗りましたが、色紙をフリンジにして貼るとよりピニャータ感がでます)

 

1.デザインを決める

まず初めに、どんなデザインのピニャータを作るかを決めます。ここはいつも子供たち任せです。2人で何にするか相談して決めています。デザイン画は長男担当。

f:id:pandamama-ikuji:20181022173211j:plain

 

2.ダンボールで形を作る

長男が描いたデザイン画を元に、ダンボールを大まかな形に切ります。大きさが足りない時はダンボールを付け足します。表面と裏面と2枚作ります。

f:id:pandamama-ikuji:20181022173304j:plain

 

3.ピースに切り分ける

割れやすいように、適当な大きさのピースに切り分けます。

f:id:pandamama-ikuji:20181022173745j:plain

 

4.ピースを貼り合わせる

グルーガンで切り分けたピースを貼り合わせます。しっかりグルーで固めるとピニャータが割れにくくなるので、グルーを付けすぎない方がいいです。

f:id:pandamama-ikuji:20181022174201j:plain

 

5.箱の側面を付ける

箱型にするので、表面の裏に適当な幅に切ったダンボールをグルーガンで接着していきます。上部にお菓子を入れるための場所を空けておきます。

f:id:pandamama-ikuji:20181022174752j:plain

 

6.裏面を付ける

裏面になるダンボールを下にして、側面にグルーガンで接着します。

f:id:pandamama-ikuji:20181022180556j:plain

 

7.色を塗る

今回は黒の紙が用意できなかったので、色を塗ることにしました。色を塗らずに色紙を貼ったり、ひらひらのフリンジを貼り付けると華やかさが出ておすすめです。

f:id:pandamama-ikuji:20181022180431j:plain

 

 

 8.仕上げ

好きな飾りを付けて、紐を通してお菓子を入れたら、蓋をして完成です!

f:id:pandamama-ikuji:20181022091754j:plain

ドラキュラになりきっている次男に、出来上がったピニャータを持ってもらいました。

 

 

海外では外の木の枝に吊るして、子供たちが目隠しをして叩きます。

我が家では室内でやるので、クイックルワイパーの取っ手にぶら下げて子供たちに叩かせます。目隠しは無しです。

我が家では、叩く棒はラップの芯を使っています。他に良いのがないか模索中。。。

 

ピニャータを楽しむ際のポイント 

 

ピニャータの大きさは、小さすぎると子供たちが叩きにくいですし、大きすぎると作るのも親が支えるのも大変になるので、A4より一回り大きいぐらいを目安にしています。

 

中に入れるお菓子は衝撃に強いものを選ぶと良いです。思いっきり叩きますからね。スナック系は粉々になります。小分けのグミやハイチュウ、チョコレート、キャンディー、あたりがおすすめです。

子供たちは散らばったお菓子を拾い集めるのも楽しいので、小さいものをいっぱい、を心掛けています。

 

 

もっとお手軽に楽しみたい方は、ピニャータが販売されています。

楽天でピニャータを探す

amazonでピニャータを探す

 

海外ならではの可愛いデザインがいっぱいです!

輸入商品が多いのでお値段が高めなのがネックですが、もっともお手軽にピニャータが楽しめます。

 

 

子供たちは仮装してお菓子を食べて、落ち着いたらTVゲームという、普段と変わらない遊びに移っていきますが、日常とはちょっと違う感じが楽しいですよね。

 

ハロウィンならではの何かを用意すると、それだけで気分も盛り上がります。

子供と一緒に準備をするのも楽しいですよ♪