まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

英語の幼児教育は費用対効果が高いと思う理由

f:id:pandamama-ikuji:20181214051530j:plain

 

こんにちは、ぱんだママです。

 

長男が塾に通っていると「中学受験」の話をよく耳にします。

英語を習っている場合、中学受験に向けていつまで続けるか、という問題が出てくるようです。

 

我が家は公立中進学組ですから、英語はずっと続ける予定ですが。

 

しかし、そんな話を聞いていると、英語は幼少期から始めれば楽に習得できる科目だなと実感します。

 

 

私が英語育児をはじめた動機は色々でしたが、結局、子供が受験で英語を勉強しなくて済めば楽だな、というのが目先で感じられる一番のメリットです。

 

最終目標として、英語をしっかり身につけてほしい、コミュニケーションで困らない英語力をつけてあげたい、というのがありますから、結果として受験英語に困らないというのが理想ですね。

 

小学校で英語が必修になったことで、中学受験でも英語選択入試の学校が増えています。

 

ますます幼児英語が過熱していく予感がします。

 

 

英語はほぼ勉強なしで受験に通用する

 

2人の息子に英語育児をしていて、英語の幼児教育はおすすめだと思っています。

 

長男も次男も英語を勉強として始めたのは、小学校入学前のアルファベットワークからです。

 国語の読み書きと一緒なので、本人たちに勉強の意識がどれだけあったかは疑問です。

 

次男も、アルファベットは一通り書けるようになりました。

アルファベットのワークは幼児向けなので、色塗りや切り貼りなどもあり、遊びの延長で取り組めます。

 

そのまま英語教育を続ければ、長男の例でいえば英検3級は勉強せずに受かります

 

このままの英語力をキープすれば、高校受験まで英語を勉強することなくいけるという考えです。

 

親が英語を子供に与え続ければ、子供は勉強せずに受験を迎えられるのです。

これは英語以外の科目ではまず無理だと思われます。

 

いくら算数や理科、社会を先取りさせても、やはり勉強は必要です。

本人に勉強している意識がないまま、受験に対応できるまでになるのは英語だけだと思います。

 

 

費用対効果を考える

 

我が家の場合ですが、幼少期は英語にお金を掛けた自覚があります。

 

ベネッセのWKE 約19万

ORTステージ1から9まで 約7万

英語の本(マジックツリーハウス16巻まで込み) 約3万

英語のDVD 約3万

 

合計 約32万円

 

長男が1歳の時から揃えた、主な英語教材です。

 

我が家は次男にも同じ教材を使いますから、一人頭と考えると半額です。

 

私の考えとして、小学校入学前までの目標がありました。

 

  • 自力で英語の本を読める
  • オンライン英会話をスムーズに受講できる

 

この2点です。

 

なぜ小学校入学前なのかといえば、幼稚園までは、家で英語の時間を作るのが比較的簡単だからです。

それと、英語脳、英語耳はよく7歳までに作られやすい、と言われていますから、小学校に上がる前に集中して英語に取り組みました

 

 

英語は語学ですから、幼少期に慣れさせるかが大切だと考えました。

 

あとは私の仕事復帰も理由の一つです。

 

 

そして、小学校入学と同時期にオンライン英会話をはじめました。

これは週1回に落ち着いたので、月3,000円程度です。

 

 

今現在の子供に掛けている英語代といえば、月々のオンライン英会話とワークブック、時々買い足す英語の本です。

 

 

今のところ、長男は英検準2級に受かっているので、高校英語レベルにあると考えられます。

大学受験を考えれば、英検2級レベルは到達して欲しいと思っています。英検1級まで取得できれば英語の試験が免除になったり、満点になる大学が増えていますから、理想的です。

 

 

英検1級はネイティブの中学生レベルと言われていますから、英語で無理なくコミュニケーションを取るためにも頑張って欲しいとは思っています。

 

 

英会話教室と比較して

 

子供向けの英会話教室と比較してみます。

 

月4回で月謝8,000円とした場合、3歳から通い始めると過程して計算してみます。(言葉のやりとりが出来て、先生の指示に従えるのが3歳くらいだと想定して)

 

長男が今9歳ですから、6年通うと576,000円になります。

 

英語は続けなければ意味が無いですから、高校3年まで通うと1,440,000円ほどになる計算です。

 

中学からの塾代と比較して

 

幼児期に英語は習わずに、高校受験を考えて英語の塾からスタートした場合を考えてみます。

 

1教科月10,000円がおおよその相場なようです。

高校3年までと考えて、720,000円。

 

単純に月謝のみで考えてみましたが、なかなか高額です。

ここに入会費、教材費、季節講習費が加わると考えると、さらに高額になります。

 

もちろん優秀な子供なら、全く英語にお金を掛けずに大学受験まで乗り切るのだと思います。

しかし、自分の子供がそうだとは思いませんので、お金は掛かるものとして考えました。 

 

我が家は子供2人ですから、倍額だと考えると結構な金額です。

英語育児を始めた頃に買い揃えた英語教材が、安く感じられる程です。

 

このまま、おうち英語だけでどれだけ英語力が伸びるのかは、本人次第のところもありますが、今のところ幼児期の英語教育は費用対効果が高いと思います。

 

 

英語に掛ける時間

 

小学校入学前までは時間を掛けました。

DVDも見ていましたし、英語の本の読み聞かせもしていました。

 

小学校入学後は、1日10分といったところです。

多くて20分時間を取れる時もあります。平均して15分程度でしょうか。

 

小学校に入ってからの英語の時間は、音読の時間です。

 

その他、週に1度のオンライン英会話(30分)を受けています。

 

他の習い事や宿題がありますから、これが我が家の精一杯です。

 

短い時間でも毎日英語の時間を作れば、子供に英語力がつけられるということですね。

 

子供は特に、覚えるのが早いですが忘れるのも早いです。

少しでも、毎日コツコツと英語に触れる大切さを感じます。 

 

親が幼少期の子供にたくさんの英語を与えれば、後々の英語学習が楽になると思います。

また、親の取り組み次第で受験に影響を与えられるのは、語学である英語ぐらいな気がします。

 

これから中学、高校と部活や勉強で忙しい日々が続くと思うと、英語の勉強にそれほど時間を割かなくても良い、と言うのは大きな強みになりそうです。