まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

《やる気停滞期》子供から「英語やりたくない」が出てきたら 〜次男の場合

f:id:pandamama-ikuji:20191210224547j:plain

 

 

子供が0〜1歳の頃から英語育児に取り組んできて、今までに感じたは何か?

 

一番の壁は「やる気の停滞期」ではないでしょうか。

 

子供の成長と共に、英語育児を続ける難しさはいろいろと感じてきました。

幼稚園、小学校と、環境が変われば子供たちの興味も変わります。

日常のほとんどが日本語になり、英語への興味が薄れ、やる気も失われていく、いわゆる「停滞期」。

それを乗り越えようと、英語に触れる時間の確保や取り組み方など、試行錯誤でやってきました。

 

 

幼児期の「英語やりたくない」問題

 

長男は今まで「英語やだ」と言う事もなくやってきました。

しかし、次男はTVを観る時や本を読む時に「英語じゃなくて日本語がいい〜」という反抗がありました。

5、6歳の頃です。

英語に対するやる気(興味)が失われつつあるのを感じました。

 

このままじゃ英語から離れていってしまう、と焦る私。

  

長男には無かった反応なので、長男と次男で何かが違ったのでしょう。

 

私がやってきた「英語育児」の何が違ったのかを考えました。

 

 

英語が嫌になった原因

 

次男の場合は、

 

  • 英語のインプットが足りていない
  • 英語を親子で一緒に楽しむ時間の不足

 

この2点では無いかと考えました。

 

幼少期の英語のインプット不足は、親との英語時間の不足だと思います。

 

英語のインプットが足りないから、英語のTVや本が分からなくて面白く無い、英語がいやだ、という悪循環になりつつありました。

 

さらに、日本語のTV番組(戦隊モノや妖怪ウォッチのアニメ)にはまっていて、そればかりを観たがっていた事も大きいです。英語と日本語、それぞれTVの時間を決めていましたが、「英語は観なくてもいいから、もっと日本語のアニメが観たい」と言われるなど、どんどん英語離れが進みました。

 

その頃、ちょうど仕事と家事で忙しく、一緒に英語を楽しむ時間が全く取れていない状態でした。

 

長男の時はもう少し一緒に関わっていた事を思い出し、これでは「英語育児」になっていないのではないか、と気がつきました。

 

子供にTVを観せて勝手に英語がインプットできている、

というのはさすがに考えが甘過ぎました。

 

そこで、

「じゃあ、ママと一緒に観ようか」と提案したのです。

 

基本に立ち返り、親子で一緒に楽しむ「英語育児」を再開しようと考えました。

 

「一緒なら観る」と言う次男に、内心ほっとしてしたものです。

 

その後、英語のTVはなるべく一緒に観るようにして、

WKEのDVDや教材にも取り組むように心掛けました。

 

するとすぐに英語の絵本も嫌がらなくなりました。

 

小学校に上がってからは、英語の映画を観る時は一緒に観るぐらいになりましたが、親が一緒にやる事って大切ですね。

子供の興味をひく一番の方法かもしれません。

 

 

とは言っても最初はバトル…

 

思い返して書いてみると、うまく対応したように感じてしまいますが、

実際は最初に次男とのバトルが繰り広げられています。

 

「英語を観ないならTVはおしまい!」

「やだ!TV観る!じゃあ英語のにする」(ほとんどセリフが無いものをチョイスする次男)

「それは英語のって言わない!他のにしなさい!」

 

というようなやりとりが繰り返され、私も疲れ、英語離れを心配してやっと対応した感じです(汗)

 

夕方の忙しい時間帯の事が多くイライラしていましたね。

冷静になって考えてみると、怒ったような対応は逆効果だろうと思えるんですけど…。

 

ともかく、次男の幼児期に起きた「やる気停滞期」は、

親が一緒に取り組む事で乗り越えられました。

 

 

最近は長男に「英語の勉強へのモチベーションが上がらない」問題が起きています。

これもまた「やる気停滞期」ですね。

今までは、がっちり勉強として英語に取り組んできませんでしたから、英語の単語学習がどうにも苦手で進まないようです。

今度詳しく書いてみたいと思います。