まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

英語の「子音」が苦手な長男に見せた海外ドラマ『フレンズ』の動画と、次男の空中前回り

f:id:pandamama-ikuji:20201124090633j:plain


 

 

我が家の長男 (小5) は英語の「子音」が苦手です。

 

音を聞くことにも鈍感らしく、英語の音も気をぬくとすぐにカタカナ発音に変換しています。

 

そんな英語の発音 (特に子音) が苦手な長男に、私の大好きな海外ドラマ『フレンズ』の、ある動画を見せました。

もう「フレンズ」ファンの方なら、「あぁ、あの話ね」とピンときていることと思います

( ̄∀ ̄)

 

 

子音の発音が分かりやすい!おすすめ動画

 

海外ドラマ『フレンズ』

 

長男に見せたのは、『フレンズ』のシーズン7、第23話The One with Monica and Chandler's Wedding のこのシーンです。YouTubeで動画を見つけたので貼らせていただきます。

www.youtube.com

 

ゲスト出演のゲイリー・オールドマンとの掛け合いシーン!

『フレンズ』を知らなくても面白いと思います!

 

唾を飛ばし合う熱演なのですが、長男に足りないのは、まさにこの子音の力強さ!

 

長男と一緒に次男も『フレンズ』を初めて見て、2人とも大ウケしていました。「フレンズ」ファンの私としてはその点も嬉しかったりして

( ̄∀ ̄)

 

子音は唾を飛ばす勢いで発音しよう!というのがよく伝わる動画です (実際に飛ばしてますし)。

まさに、子音の発音が苦手な長男にぴったりの分かりやすさ。

 

こんなに唾飛ばすの( ̄▽ ̄)!やばっ!!よくこんなにPばっかりのセリフ作ったよね!

 

と大笑いしていた長男。

いざ実践です。

 

コロナ禍での唾飛ばしは如何なものかと思いますが、家の中なので思う存分子音の発音練習をしてもらいます。

調子に乗って次男も一緒に力強く発音練習。

 

中でも、

"my personal property"

のセリフが覚えやすく言いやすいようで、2人で言い合っていました。

 

それからというもの、子音が弱い時は"personal property"と力強く練習してから音読している長男です。

 

先日の音読でも"personal property"と唱えてから読み始めていたのですが、

あれ?今日の話に全然P出てこなかった〜( ̄▽ ̄*)

と、なんだか抜けたことを言っていました…。

 

 

YouTube体操教室-REVOの大川先生

 

そして、もう1つ。

子音のお手本としている動画があります。

 

それは、先日教え方の大切さを実感した「空中逆上がり」の、大川先生の動画です。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

動画のおかげで「空中逆上がり」を2日でマスターできた次男は、勢いに乗って「空中前回り」の練習を始めました。

 

こちらが「空中前回り」の動画です。

www.youtube.com

 

本当に分かりやすく、空中前回りのコツを紹介してくれています。

 

そして、力強い [S]の音!

 

とっても分かりやすく発音されていらっしゃいます。

 

この動画で注目すべきは、分かりやすい鉄棒のコツ[S]の音です!!

 

大川先生の「さ行」の発音の強さは、素晴らしく聞きやすいです。

 

この [S] の音を活かせれば、長男の英語の発音は抜群に良くなるだろうなと思います。

 

子供達が大川先生の動画を見る時は、

良く聞いてね!!特に [S]の音

と、つい念を押してしまいます。

 

そして、動画でコツを確認した後は、公園に向かいながら大川先生の発音を真似して [S] の発音練習。

歯と歯の間から息を強く吐くように、力強い[S]の音を意識します。

 

そんな大川先生の動画のおかげで、 次男は「空中前回り」も見事成功することが出来ました!!

長男はもう一息です!

 

鉄棒のコツも子音も分かりやすい、大川先生のYouTube動画は本当におすすめです

\(*ˊˋ*)/

 

 

私の英語の発音はというと、子供達に直されるレベルで、全くダメダメです

(ーー;)

しかし、長年の英語育児で英語を聞きまくったおかげか、音は割と聞けていると思います。

子供達に発音を教えられない代わりに、音読の時はネイティブ音声を用意したり、動画があるものは動画を見せたりしてきました。

基本的なアルファベットの音に関してはLeap Frogの「Letter Factory」がおすすめです。

 

うちの長男のように子音の発音が苦手な場合は、ご紹介した2本の動画のような「会話の中で発音を意識できるもの」が分かりやすくて良いようです。

 

長男が音読していて子音が弱い時は、

「唾を飛ばす勢いよ!」「大川先生の[S]を思い出して!」

と声を掛けるとバッチリです。 

 

発音は教えられないので、できるだけ分かりやすい動画を見つけると積極的に活用するようにしています

( *´ω`* )