まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

次男(小3)英検準2級の面接試験に向けて

f:id:pandamama-ikuji:20220130111352p:plain

 

 

次男の英検、只今一次試験の結果待ちです。

ですが、結果が出てからだと面接の対策が間に合わなさそう、、、ということで、二次試験対策をはじめることにしました。

 

対策本も購入し、

「気分がのらない〜」

などとウダウダ言っている次男をけしかけて、この週末から対策を開始です!

 

対策本

 

英検準2級 面接・攻略ポイント20

長男が2級を受けた際に、このシリーズを使って良かったので準2級もこちらをチョイスしました。

攻略ポイントがまとめられている点と、解答例での「これはアウト」「ギリギリセーフ」といった具体例が示されているのが分かりやすいです。

その他私がこの本を気に入っている点は、模擬面接の動画がQRコードで手軽に再生出来るので、本番に近い状態で練習ができるというところ!

実際に面接官とやり取りしているかのようなバーチャル感はなかなかです。

 

 

実際にやってみる

 

まずは面接の流れを知ろうと、Youtubeで準2級の面接を紹介してくれている動画を観ました。

『英検準2級 面接・攻略ポイント20』の面接動画でも良いのですが、まずは問題の答えとか考えずに流れだけの確認です。

一番の理由は「Youtubeで観るよ」というと、次男が喜んで観に来るからです( ̄▽ ̄;)

なるべく食いつきが良さそうな動画を選んで流れを確認しました。

 

お気に入り動画

 

英検の対策で、必ず子供達がまず見たがるお気に入り動画があります。

英語講師のさわけんさんの動画です。

 

英検の面接で絶対にやってはいけない3つのこと(二次試験)

www.youtube.com

この動画でとりあえず笑ってから、いざ練習という流れです。

 

他にも面白い動画がたくさんあって、我が家の子供ウケは相当です( ̄∇ ̄)

www.youtube.com

英語学習にためになる動画が多く、あるあるネタや勉強になるネタがたくさんあって観ていて楽しいです!興味がある方は是非♪

 

その他、Youtubeには英検の面接対策について詳しく解説してくれている動画がたくさん上がっています。本当にありがたい。

英語に限らず、今やYouTubeは我が家の学習に欠かせない存在になっています。

 

面接の流れ

 

まず、問題カードの黙読と音読をします。

 

その後5つの質問に答えます。

  1. 問題カードに関する質問に答える
  2. 問題カードのイラストAの行動説明
  3. 問題カードのイラストBの状況説明
  4. カードのトピックに関連した質問に答える
  5. 日常生活の身近な事柄についての質問に答える (カードのトピックに直接関連しない内容も含む)

 

いきなり時間通りは厳しいので、長男に面接官役をやってもらって練習してみました。

 

問題カードの音読については、まぁ大丈夫かな。

分からない単語を適当に読むことに関しては、毎朝の音読でお手のものですσ(^_^;)

いかにも分かってる風に堂々と読むスキルがこんなところで活かせるとは。

 

イラストの行動説明、状況説明は要練習ですね。

言葉が出てこなくて止まります。

 

そして、やはりネックになるのは自分の意見を問われる2つの質問です。

咄嗟に意見が出てこなくて「えーと…」と、沈黙してしまう次男…。

「何でも良いから黙らずに適当に言え!」

と長男に言われてキレだし、兄弟喧嘩に発展していきました( ̄◇ ̄;)

ギャーギャーとうるさいので、

「対策本に載ってる答えを読んで答えてみて」

と提案して、なんとか落ち着きましたとさ。。

 

本に書かれているパーフェクトな答えを読み上げて、

「もう一回さっきの質問して( ̄∀ ̄)」

と言う次男。

長男が付き合ってあげると、得意気に模範回答を答えて喜んでいました。

子供だなぁ…(笑

 

ここは質問に答えられるように、まずは対策本の回答を読むところからスタートです。

やはり結果待ちをせずに、早めに対策をはじめて良かったなと思います。

 

 

面接の練習を始めたわけですし、一次試験は受かっていて欲しいなぁと思います。

もし準2級に再挑戦することになったらS-CBTで受験かな、などと考えたり。。

検定料を考えるとやっぱり従来型で準会場が良いかなと思い直したりして、頭の中をぐるぐるさせながら次男の面接対策を進めている現状なのでした…( ̄▽ ̄;)

一次試験、どうか受かっていてくれますように。。。