まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

長男(小4)英語多読の目標と読書記録

f:id:pandamama-ikuji:20191208104409j:plain

 

我が家の英語育児は「音読」が中心です。

絵本から始まり、「ORT」や「マジックツリーハウス」と多読も意識して取り組んできました。

 

最近、長男が「GR」を読み始めたので多読学習している感が増してきました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz


 

 

英語多読とは

 

多読とは、数多くの英語に触れるために、英語の本をたくさん読む学習方法です。

 

辞書を使わずに、とにかく数多くの本(語)に触れることが目的なので、自分のレベルに合った本選びが大切です。

 

実は、長男が英検2級受験を決めた時に、2級レベルの本を精読して単語強化しようと考えました。

 

しかし、どうも長男は辞書を引きながら本を読むのが面倒なようで、本読み自体全然進まないし本人も面白くなさそうだし、精読するのはやめました。

やはり本人が楽しく続けられる事が重要です。

 

我が家の場合、多読と言っても知らない単語は辞書で調べる事もありますし、チャプターごとに黙読してから音読する事もありますし、好きなように進めています。

 

 

記録をつけて目標を決める

 

「GR」を読み始めてから、読んだ本とレベル、語数がわかるように簡単な表を作って記録をつける事にしました。

 

せっかく記録をつけるんだから目標を決めようか。何語ぐらいを目指す?

 

と聞くと、

 

うーん、5万語?

 

1冊目ですでに12000語なんですが…。

もう少し読もうか、という話し合いの末に

 

目標は100万語という事になりました。

 

目標があると取り組みの目安にもなるし、やる気にもつながるのではと期待しています。

 

そして長男が記録を付けている表を見返すと、ちょうど1ヶ月前から始めて今日5冊目を読み終えました。

 

レベルと語数を書き出してみます。

 

記念すべき?

《1冊目》

FRANKENSTEIN(Penguin Readers: Level 3)約12000語

「フランケンシュタインは知っているけど、どんな話なのか知らない。怖い?ホラー?」と長男が手に取った本。「怖いというより悲しい話かな」というと興味を持って読んでいました。レベル3は普通に読めていました。

 

 

《 2冊目》

Twenty Tousand Leagues Under the Sea(Penguin Readers: Level 1)約4800語

この「海底2万マイル」は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクが好きな本として登場したのがきっかけでチョイスした本です。不思議な話に夢中になっていました。レベル1は楽に読めていました。

 


《3冊目》

The Wizard of Oz(Oxford Bookworms Library: Level 1)約5900語

我が家にはロバート・サブダの飛び出す仕掛け絵本版もありますが、まだ長男には難しいようです。こちらのレベル1の本は「読みやすい!」と喜んで読んでいました。

 

 

 

 

《4冊目》

ALICE IN WONDERLAND (Penguin Readers, Level 2) 約7600語

不思議な世界がわかりやすく書かれていて、面白かったようです。あっという間に読み終えました。こちらもロバート・サブダ版を持っていますが難易度高いです。まだ長男には読めないかな。

Lewis Carroll (著)/ Robert Sabuda (著, イラスト)

 

 

《5冊目》

 Anne of Green Gables (Oxford Bookworms Library: Level 2)約5500語

 

日本語版「赤毛のアン」を読了済みという事もあってか、読みやすかったようです。

私は女の子向けの話だと勝手に思っていたので、男の子が読んでも面白いのか、とちょっとびっくり。

 

 

レベル的に本人が簡単に読めるのはこの辺のようですね。 

 

 

レベルはどのくらい?

 

当分はレベル2を中心に進めることになりそうです。

レベルとしてはどのくらいかと言うと、

 

ペンギンリーダーズでは、

レベル1 英検4級

レベル2 英検3級

レベル3 英検準2級

ぐらいです。

 

楽に読めるのが英検3級レベルで、準2級レベルになるとスラスラとはいかない感じでしょうか。

 

精読ではなく多読なので、難なくスラスラ読めるレベルが良いとされていますから、長男にとって妥当なレベルは2〜3だと思います。

 

まずは目標にした100万語を目指して、取り組んでいこうと思います。