まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

オンライン英会話で「フリートーク」レッスンは上手に取り入れたい

f:id:pandamama-ikuji:20210701105756j:plain


 

 

先日、

次男が受けられなくなった英語のオンラインレッスンを長男が代わりに受ける、ということがありました。

 

 

人気の先生はフリートークで盛り上がる!

 

その日のレッスンは、「ハッチリンクジュニア」でも大人気で予約がなかなか取れない先生だったのです。

 

次男が受けられないと分かり、長男に

「久しぶりにハッチリンクの〇〇先生のレッスン受ける?」

と聞いたところ、

「え!受けたい!」

と即決でした。

 

その先生、何が素晴らしいって、フリートークを盛り上げるのが本当に上手なのです。

 

何度かこの先生については書いているのですが、私が一番印象的だったのは不機嫌だった次男がレッスン中にご機嫌になったこと!

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

 

長男は英検に向けて学習を進めているので、現在はeTOCをメインで利用しています。

ですが、ハッチリンクのアカウントはそのままにしているので、レッスンが受けたい時は利用できるのです。

これは、家族でレッスンが分け合えるハッチリンクならではの便利さですね!

 

 

好きなことは自分からどんどん話す!

 

さて、次男の代わりにレッスンを受ける事になった長男。

どんな様子だったのかと言いますと、

 

とっても盛り上がって楽しんでいました♪

(*´∀`)

 

レッスン開始は、まず挨拶から。

 

" Hello ! "

のやり取りの後、先生から

「とっても久しぶり!元気だった?本当に久しぶりだね!」

という感じの事を言われていました。

 

とっても人気のある先生なので、毎日たくさんの生徒さんのレッスンをこなしている筈です。

長男はここ半年程レッスンを受けていないというのに、

先生、まさか覚えてくれてた⁉︎

と嬉しくなります♪( ´▽`)

たとえレッスン履歴を確認しての言葉だったとしても、とっても嬉しい声掛けです。

 

その後、 

「何してたの?」

という先生の問いかけから、scratchでのゲーム作りの話に。

これは、ここ最近の長男お決まりの流れです。

自宅での空き時間はほぼパソコンをいじっている長男。

話題はscratchかゲームです…。

 

通常は、

「どんなゲームを作っているの?」

と聞いてくれるぐらいで、すぐに通常のレッスンがはじまります。

英語のレッスンがメインですから、そのぐらいで切り替えてくれるのが丁度いいですしね。

 

しかし、この先生の凄いところは、そこからどんどん長男の話を引き出してくれるところ!

めっちゃ食い付いて色んな話を聞いてくれます。

興味津々な先生の反応が嬉しい長男は、今作っているゲームのことや、好きなゲームの話など、出るわ出るわ。

 

「自分が好きな話題だと、こんなに話せるんだ!」

と驚くほど。

 

さらに先生は長男が作ったscratchのゲームまでやってくれて、ほとんどフリートークでレッスンは終了となりました。

 

先生の問いかけに" Yes"  "No" で答えるのではなく、しっかり言葉のキャッチボールをしている感じに、

「そうそう!こういう使える英語を目指していたの!」

と思えるフリートークのレッスンでした。

 

私も驚くほど長男が話せていたのは、もちろん先生のリードのお陰です。

フリートークをしながらも、長男の言ったフレーズをチャットで細かく直してくれるのもさすが!と思います。

やっぱりこの先生は凄いなぁ、と感心させられたのでした。

 

 

フリートークのレッスンは、バランスよく取り入れたい

 

やはり、英語はコミュニケーションの道具。

使えるようになるのが目標です。

 

以前、オンライン英会話で返事が「Yes」「No」だけになっていた話を書きました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

テキストでのレッスンも、英語で言葉のやり取りができるようになることが目的なわけですよね。

 

やはりフリートークのレッスンは定期的に入れていきたいなぁと感じます。

テキストのレッスンと交互でも良いかもしれない。

 

しかし、フリートークは先生を選ばないと難しいです。

 

以前の記事でも「こんな先生が良い」という条件を挙げてみましたが、 フリートークの場合、聞き上手で会話を引き出してくれる先生が理想です。

 

好きな話題ならどんどん話したくなるといっても、言葉が出てこなくては会話になりません。

かといって、子供の代弁ばかりしてくれる先生だと、会話力は向上しにくい。

子供の話に興味を持って話を広げてくれて、さらに子供のレベルに合わせた質問をしてくれるのが重要なのですよね。

 

そんな先生は、もちろん人気なので予約が取れないわけです…。 

 

 

長男もしばらくフリートークから離れ気味だった事もあり、とても楽しかったようです。

 

「先生、scratchで作ったゲームやってくれて面白いって言ってくれた。英語でゲーム作っておいて良かった〜。また英語でもゲーム作ってシェアしよ〜 ()♪

 

って、英語ではなくゲーム作りの方に意欲的になってしまったようですが…。

 

それも英語を話す原動力になるなら、まぁ良いか σ(^_^;)