まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

子供が自分で英語の本を読めるように実践したことまとめ

f:id:pandamama-ikuji:20180922194751p:plain

こんにちは、ぱんだママです。

 

英語が苦手ながら頑張らない英語育児を続けています!

 

親である私が「英語が苦手」ということは、英語を教えられない、家庭内で英語のアウトプットの環境を与えられない、ということです。

 

子供に自分で英語の本を読めるようにさせようと思った理由

 

英語育児を始めた頃は、英語の語りかけになんとか取り組んでいました。

しかし2歳で限界を感じます

私が英語を話せないので、アウトプットの場が全くなくなってしまうのです。

 

ではどうするか。

 

まず考えたのが、子供英会話教室へ通わせることでした。

しかし近所にピンとくる教室がなく、しかも週1で月謝¥8,000 ほどが相場です。

 

そこで考えたもう1つは、自力でなんとかさせることです。

日本語で絵本を繰り返して読んでいると、子供が勝手に自分で読むようになります。

ということは、英語も同じなんだろうと思いました。

でも、その先をどうしたら良いのかわかりません。 

 

そこで見つけたのがイギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ」という本です。

f:id:pandamama-ikuji:20180922200111j:plain

 

 

 

 

 

 

私の買ったこちらの本は絶版になってしまったようですが、シリーズで刊行されているものがあります。

 

最初私が手助けして読めるようになれば、あとは子供が勝手に読むんじゃない?!

 

長男が小学校入学までに読めるようになればいいな、と

この時から子供が自分で本が読めるようにする!という目標を掲げたのです。(あくまでもゆる〜くですが)

 

子供が自分で英語の本を読めるように実践したこと

 

英語の絵本の読み聞かせをする 

それまでも出来るだけ毎日続けていた英語の絵本の読み聞かせですが、目標に向けて気合も入ります。

 

発音に自信のない私は、もちろんCD付きの物を探しました。

CDがないものは、ネットで音声が上がってないかチェックしたり、

とりあえず子供にはネイティブの発音やイントネーションで聞かせるよう心がけました。(ただしアメリカ英語やイギリス英語にこだわりませんでした)

 

フォニックスを学ばせる

フォニックスは英語を読む基本、ということでフォニクスをやろう!と教材を探しました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

こちらの記事ではフォニックスの絵本を紹介しています。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

ちなみにWKEでもフォニックスを学べます。

私はさらに教材を買い足しましたが、親がきちんと取り組めばWKEで基礎は身につくと思います。

しかし子供にしっかりフォニックスを身につけさせるには、その後の学習が必要だと思います。

 

 

私はズボラなので、「楽して勝手に子供が身につく」のが理想です。

 

そこで買い足したDVD。

 

*再生にはリージョンコードフリーのプレイヤーが必要です。

 

これはとってもわかりやすい上に、子供もよく見ていました。

アルファベットの工場見学にいくストーリーで、リズムに合わせて音を覚えていく作りになっています。フォニックス入門にぴったり!

 

 

しかし後でわかるのですが、長男にはフォニックスがいまいち身につかず…。

 

フォニックス入門編だけで、その先をやっていなかったのです!!!

 

気づいた時には遅かった…。

 

やはりフォニックスはとっても大切なので、早めに意識して覚えさせると子供はもちろん、親も楽だと思います。

 

長男の失敗を踏まえて、次男にはフォニックスのワークもやらせる予定です。

ワークでしっかり定着させれば、英語の読みの習得が楽になるのではと思います。

 

 

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)への取り組み

 

「オックスフォード・リーディング・ツリー」は多読の教材として有名です。

 

ステージ6ぐらいまでは1話が短くオチもあって面白いので、気軽に読めてちょうど良いです。

 

私は夜寝る前の絵本タイムに、CDで音声を流しながら子供たちと一緒に読んでいます。 

子供たちはお気に入りの話を何度も聞いているうちに、自然と一緒に読み出します。

 

ステージ9ぐらいになると話が長くなるので、CDをフレーズごとに止めながら繰り返したり、CDを掛けずに文字を読ませたりすることもありました。(これは休みの前の日限定ですが)

 

できれば毎日、時間を掛けてやってあげたいのですが平日はCDを聞きながら子供たちと本を読む、で終わりです。

毎日少しでも時間を作るようにだけ、心がけました。(高い教材なので無駄にしたくない!という思いもあります)

 

我が家はステージ9まで揃えましたが(アナザーストーリーとかは無しです)、金額的に厳しく、他の本に取り組むことを考えました。

 

次男がまだ年長なので、ORTは我が家でまだまだ活躍するだろうと思います。

高い教材は内容も良くできていますから、長く使えるのは利点ですね。

 

もうすぐ長男が次男に読み聞かせられるかな、というのも期待しています。

 

子供の発音問題

 

順調に読めるようになってきたな、と思った矢先。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

長男の発音がだいぶ日本語よりになる、という問題がおきます。

 せっかく幼少期からの英語育児ですから、発音を意識させるのは大切だと思います。

 

 

子供は英語の本を読めるようになったか 

 

長男は小3になり、今は「マジックツリーハウス」シリーズに夢中です。

毎日3〜4ページですが、わりとスラスラ読めています。

(ただ私が聞いてもちゃんと読めているのか、いまいち分からないところが問題ですが。)

 

たまに音読音声をネットで探して聞きながら読んだり、ということもたまにしています。

長男の音読が終わると、私があらすじを聞きます。

すると説明してくれるので、意味もわかって読んでいるんだと思っています。

 

分からない単語も多いので、自分で後から調べたりするようにもなりました。

 

英語の文章を読む速度が上がったわけ

 

そして最近、長男の文章を読むスピードが劇的に上がったのです。

 

何があったのかというと、

「文章を書く練習をはじめた」のです。

 

自分で文を書くようになると、文の法則がわかります。

 

それで長男は、文章を読むのが今までよりスムーズになったと思われます。

文法に取り組もうとはじめた文を書く練習ですが、読むことにもつながるんですね。

 

試行錯誤しながらここまできた「自力でアウトプット」するための「英語の本を読めるようにする」という試みですが、長男はどうやら自分で好きな英語の本が読めるているようです。