まったり英語育児雑記帳

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男をもつアラフォーママ。ゆる〜い育児と雑記ブログです

《英語育児》毎朝の音読のこと

f:id:pandamama-ikuji:20200305210214j:plain

 

 

英検の試験結果待ちの今、

長男はすっかり英単語の学習そっちのけ。

 

英語は好きな本を読むだけの日々に戻りました。

 

 

我が家の英語は本の「音読」がメインです。

 

学習効果を知らずに成り行きではじめた「音読」でしたが、

実に効率的な学習方法だったように感じています。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

 

長男の場合

 

長男が、英語の本を音読するようになったのは小1からです。

 

きっかけは『エルマーの冒険』でした。

 

「My Father's Dragon」 

Ruth Stiles Gannett (著), Ruth Chrisman Gannett (イラスト)

 

この本はCD音源がなかったので、読めているか声に出して読んでいこう、

というのが「音読」の始まりです。

 

それからというもの、アウトプットにもなるかもという思いもあり、

ずっと音読を続けています。

 

 

それまでは私と一緒にCD音源を聴きながら、後に続いて本を読んでいました。

確か『ORT』のステージ4〜5ぐらいを読んでいたと思います。

話をCDで聴くだけならステージ9 でした。

 

 

その後、

細く長く続けてきて、

小2の時は『Frog and Toad』でシャドーイングとかオーバーラッピングとかもしてみました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

 

そして現在、

小4になっても「音読」は続いています。

 

ずっと夜寝る前に英語の時間を作ってきましたが、朝に切り替えました。

その方が時間をしっかり取れて、取り組みがスムーズです。

 

今はNHKの『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』を1日1話読んでいます。

 

5分と短いですし、せっかく音声もあるので、

シャドーイングやオーバーラッピングもしています。

 

土日に読む「江戸川乱歩」の時は、1日に5話を2回読んでいました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

1回目はシャドーイング、2回目はオーバーラッピングといった感じです。

 

シャドーイングやオーバーラッピングって、私には難しそうに思えるのですが、

子供は楽しいみたいです。

面白そうに真似して喜んでいます。

 

 

今月の「落語」が『お菊の皿』だったのですが、これは次男と一緒に5、6回聴いていました。

確かに面白かったです!

 

 

次男の場合

 

次男も小1から「音読」を始めました。

www.pandamama-eigoikuji.xyz

 

前回、次男の音読について書いた時はステージ4〜5を読んでいました。

しかし、気に入った本ばかりを読みたがるので、初見の本も読めるようにと表を作りました。

 

ステージ2〜5までを満遍なく読むように、読んだら日付を入れます。

f:id:pandamama-ikuji:20200305185955j:image

先日ステージ5まで読み終えました。

 

 

新たにステージ6〜9の表を作成。

f:id:pandamama-ikuji:20200305190008j:image

 

しかし、ステージ6になると1冊読むのに時間が掛かります。 

 途中で止まることもしばしば。

 

そこで長男と一緒に読むのですが、

 

すぐ揉める…

 

揉めながらも何とか音読は毎日続いています…。

 

早く次男に独り立ちして欲しい今日この頃。

私が一緒に読むと発音直されるしな〜(苦笑)

 

 

今回、次男に新しい本を買ったのも、

目新しい話なら楽しく読むかな〜という淡い期待もあったりします。

 

A to Z Mysteries」

Ron Roy (著), John Steven Gurney (イラスト)

 

 

次男本人は、早く『Diary Of A Wimpy Kid』が読みたくて仕方ないようです(笑)

 

Jeff Kinney (著)

ペーパーバック – 2008/7/3

約19800語

このシリーズは英語しか買わない!と宣言してあります。

 

次男はこの日本語版『グレッグのダメ日記』が大好きなので、早く読みたいのです。 

学校の図書室にあるのは1巻目だけのようで、そうなると2巻目以降は英語で読むしかないのです

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

そのやる気で音読も頑張れ〜。 

 

 

徐々に手助けなしで読めるようになってきたので、

『Diary Of A Wimpy Kid』を読む日も近いかな?